図書館の新刊コーナーで見つけた絵本「ほしじいたけ ほしばあたけ じめじめ谷でききいっぱつ」
ジャケ買いならぬジャケ借りしました(笑)

第36回講談社絵本新人賞を受賞した「ほしじいたけ ほしばあたけ」からのシリーズ。

絵のタッチや構図、そして細部まで細かく描かれていて絵を眺めているだけでも楽しいのですが、内容がまたシュールかつ面白くて可愛いです❤そして、想像もしていなかった「干し椎茸」をおじいちゃん・おばあちゃんに掛けるキャッチーなタイトルに驚きと笑いがこぼれ、手に取りました(笑)

きのこ村に住む、長老きのこのほしじいたけとほしばあたけ。
仲良く暮らしていたある日のこと・・・
むらのこどもたちのひとり、タマゴタケが
崖下に落っこちてしまったというのです。
「こりゃ たいへんじゃ!」
からからに乾いた体を使って、ふうわりと崖を飛び下りるほしじいさま。
無事にタマゴタケの元に到着です。
でも、ほしじいさまの軽さでは、タマゴタケと一緒に崖を上がることはできません。
「いたしかたあるまい。」そうつぶやいたほしじいさまが、
崖のわきに流れる湧水にそろりとつかると……。

ほしじいたけほしばあたけ 表紙

中ページ
1ページの文章量はこんな感じで、すらすら読み進められるのも嬉しいですよね♪

内容はシンプルだけど、生のしいたけにはない、特性を十二分に発揮しながら、みんなでおじいさんを助けるストーリー?!(笑)そして他のキノコ達もキノコの特徴が個性ゆたかに描かれ、ほのぼのかつ時にはエネルギッシュな姿に描かれた、面白い絵本です。ユーモアある戦いのシーンもあり、男児はそこに食いつくかもしれないですね。

今のこどもには「干し椎茸」というモノが謎のキノコとなっているかもしれないのですが、この絵本を通して、「干し椎茸」という美味しくて重宝な乾物に少しでも興味をもってくれると嬉しいですね♪


ほしじいたけ ほしばあたけ じめじめ谷でききいっぱつ (講談社の創作絵本)

 


ほしじいたけ ほしばあたけ (講談社の創作絵本)

 


九州産しいたけどんこ80g【椎茸料理レシピ付】

Author

東京都在住、生まれも育ちも東京の西側。 職業はグラフィックデザイナー、保育園男児1人を持つ、ワーキングマザーでございます。 子供嫌いだった私が、子供が生まれたことにより興味や趣向がマルッと変化し、せっかくの子供との限られた時間なら、それを有効に使いたい!と思い、ネットやママ友との口コミを頼りに、日々奮闘しつつ、楽しく過ごしております。 そんな中で、「週末はどこに連れて行こう?」「何かおすすめの絵本はないかな?」「年齢にあった便利なアプリはないかな?」など、少しでもプラスになる情報をお届けできればと思い、このサイトを制作いたしました。

Write A Comment

CAPTCHA